カードローンと法律のこと

カードローン商品を扱っている会社は、消費者金融などがありますが、守っている法律で2つに分類することができるそうです。借り入れが可能な金額や、審査で利用する収入証明書の提出などにも違いがあるそうですから、違いをご紹介します。


カードローンで上限が明確な消費者金融

まず、消費者金融では貸金業法という法律を守って運営しています。クレジットカードなどのキャッシング枠も同じ法律で、消費者金融とクレジットカードには、総量規制という年収の3分の1までしか個人の借金ができないという法律があるため、借金の金額によっては、もう借りることができないといった限界も出てくるそうです。しかし一部のローン商品は、この規制対象から除外されています。


銀行キャッシングは銀行法

インターネットバンクや大手メガバンクなどが行っているカードローンには、銀行法という法律が利用されています。こちらでは、年収に対して明確な上限がありません。また収入証明書の提出も、会社が提出が審査上で必要だと判断し提出を求めたばあいには義務となっているので、この金額以上は絶対!ということはないそうです。消費者金融には一社から50万円以上借りるとき、2社以上を合わせて100万円以上の借金になったときに、収入証明書の提出義務が発生するそうです。