カードローン審査で使う信用情報のこと

カードローンを利用時の審査では本人確認書類などの提出をして、返済を行えるかどうかというものを会社が判断します。このときに利用する個人情報に、開示に同意しなくてはならない情報があります。これが、信用情報というもので、個人のお金の貸し借り履歴を記録したものです。


カードローン審査で信用情報を何に使うの?

信用情報とは、過去にお金を借りたことがあるかどうかや、返済や借り入れをいつ行っているか、いくら借りているお金があるかなどを開示することで、会社が知ることができます。この情報は個人情報となるので、カードローン会社や銀行などとは利害関係にない会社が管理、保存し守っているのですが、審査ではこの情報を基に、返済に遅延がなかったかなどで、信用度のようなものを判断するそうです。


消費者金融では総量規制もあるので必要な書類

消費者金融では、個人の借金のみ年収の3分の1までしか貸してはいけないという法律がありますから、この規制を守るためにも信用情報は必要なのだそうです。審査のときに借りているお金の申告はしますが、ここでうそを書いても分かってしまいますよ、というようなアドバイスなどは、この信用情報からわかります、という意味で使われているようです。