カードローンと法律のこと

カードローン商品を扱っている会社は、消費者金融などがありますが、守っている法律で2つに分類することができるそうです。借り入れが可能な金額や、審査で利用する収入証明書の提出などにも違いがあるそうですから、違いをご紹介します。


カードローンで上限が明確な消費者金融

まず、消費者金融では貸金業法という法律を守って運営しています。クレジットカードなどのキャッシング枠も同じ法律で、消費者金融とクレジットカードには、総量規制という年収の3分の1までしか個人の借金ができないという法律があるため、借金の金額によっては、もう借りることができないといった限界も出てくるそうです。しかし一部のローン商品は、この規制対象から除外されています。


銀行キャッシングは銀行法

インターネットバンクや大手メガバンクなどが行っているカードローンには、銀行法という法律が利用されています。こちらでは、年収に対して明確な上限がありません。また収入証明書の提出も、会社が提出が審査上で必要だと判断し提出を求めたばあいには義務となっているので、この金額以上は絶対!ということはないそうです。消費者金融には一社から50万円以上借りるとき、2社以上を合わせて100万円以上の借金になったときに、収入証明書の提出義務が発生するそうです。

カードローン審査で使う信用情報のこと

カードローンを利用時の審査では本人確認書類などの提出をして、返済を行えるかどうかというものを会社が判断します。このときに利用する個人情報に、開示に同意しなくてはならない情報があります。これが、信用情報というもので、個人のお金の貸し借り履歴を記録したものです。


カードローン審査で信用情報を何に使うの?

信用情報とは、過去にお金を借りたことがあるかどうかや、返済や借り入れをいつ行っているか、いくら借りているお金があるかなどを開示することで、会社が知ることができます。この情報は個人情報となるので、カードローン会社や銀行などとは利害関係にない会社が管理、保存し守っているのですが、審査ではこの情報を基に、返済に遅延がなかったかなどで、信用度のようなものを判断するそうです。


消費者金融では総量規制もあるので必要な書類

消費者金融では、個人の借金のみ年収の3分の1までしか貸してはいけないという法律がありますから、この規制を守るためにも信用情報は必要なのだそうです。審査のときに借りているお金の申告はしますが、ここでうそを書いても分かってしまいますよ、というようなアドバイスなどは、この信用情報からわかります、という意味で使われているようです。

カードローンはネットバンクがいいというウワサ

カードローンサービスは消費者金融のサービスというイメージを強くもっている人も多いかもしれませんが、今は銀行でも少額ローンサービスの展開が非常に充実していて、専業主婦が利用できるという点もあり、勢いが増しているという声もあります。中でも注目されているのが、ネットバンクです。


カードローンだけじゃない、ネットバンクの底力

ネットバンクはここ数年、非常に増加している新しい銀行の形なのですが、店舗がないことなどから、ATM利用手数料が無料になっている、金利が非常に安くなっているなど、あらゆる方向から注目を浴びているそうです。カードローン商品はもちろんのこと、イオンネットバンクでは、住宅ローンの金利が業界最低水準になっているなど、人気が高くなっていると言われています。


時間外手数料などでも注目が

消費税増税などの影響で、大手メガバンクでは、時間外の利用手数料が無料になる対象が狭くなるといったニュースがありましたが、ネットバンクでは24時間、口座を持っている人ならだれでも時間外手数料がかからないというサービスを開始しているところが多いそうです。少額のカードローンだけでなく、今後のネットバンクのサービスは注目しておくとお得になるものが増えるかもしれませんね。

インターネット審査でカードローンは便利に

カードローン審査でインターネットを利用して申し込みや契約ができる会社が非常に多くなっているそうです。ほとんどの会社で、ネット申し込みを行っていて、自宅や職場、時には買い物をしている先であっても、携帯電話やネットワーク回線があれば、カードローンに申し込めるようになりました。


カードローンがネットで身近になった?

カードローンをインターネットで申し込めるようになったことで、利用者もどんどん拡大していると言われています。実際にお店まで行く、審査の申し込みをするとしたら時間もかかってしまいますが、インターネットであれば、申し込んで結果をメールや電話で待つだけでいいので、利用できる人の自由度が今までに比べると、とてもアップしたという声も多いそうです。


スマホの普及でアプリからも申し込めるように

スマートフォンを利用する人が増加したことから、自分の携帯電話にアプリケーションをインストールして申し込みをするという人も増えているそうです。専用のアプリケーションは無料でインストールできますし、審査に使う書類などは携帯カメラで撮影して添付することで送信が可能になっています。また利用明細などの管理機能も非常に充実、銀行ATM検索などの付加機能も多いそうです。

カードローン会社の扱う商品の特徴を知ろう

カードローン商品は消費者金融や銀行で、非常に似ているように見えますが、種類によって利息の設定や、カードローン商品そのものの特徴などが大きく異なることもあります。多く扱われることのある商品の個性などをご紹介しますから、選ぶときにちょっと考えてみるといいかもしれません。


カードローンでお金を借りる場合

まず現金を借りることがメインとなっている商品が、人気の高い即日融資やスピードキャッシングなどと呼ばれる商品、それに目的別ローンなどがあります。目的別ローンでは、フリーキャッシングとなる即日融資よりも利息が安く設定される代わりに、利用できる目的や返済方法などが決まっているというものが多いようです。場合によっては1パーセント以上の利息が変わることもあるので、要チェックの商品が目的別ローンになるかもしれませんよ。


返済にたけているおまとめローン

多くの金融機関が扱っているおまとめローンという商品では、借りることではなく、2社以上からすでに借りているローンの返済を、できる限りノンストレスで行うということがメインになっているものです。この商品では、今借りている数社の借金の借り換えを行って、返済計画によっては利息そのものの負担も軽減を目指すことができますから、2社以上に返済をしている人は検討の価値があるかもしれません。

もし、おまとめローンや債務の一本化を考えているのならこちらの関連サイトを参考に