カードローンの利用後…

お金が足りない…。プライベートどころか、生活することもままならない。
そんな状況に陥ってしまってやむを得ず、消費者金融のカードローンを利用することになってしまった。銀行のカードローンの方が金利は安く補償はしっかりしているわで利用するならこっちだと、銀行の審査を受けてみたものの、収入の問題や社会的な属性の問題があってか審査に落ちてしまう。
なら消費者金融でもいいやと半ばなげやりに消費者金融のカードローンを利用し始める。
最近の消費者金融はサービスがしっかりしているし、借り入れも返済もおこないやすいので問題なく利用を続け、気づいたら時間がたっている…。このままなら返済も問題なくいきそう…。
カードローンの利用者の経験談を見てみると、こういったものが多いです。あなたはどうでしょうか?


・カードローンを利用するくせをつけない

銀行は審査などにすこしだけクセがあるので、利用しにくいと感じる方もいるかもしれませんが、消費者金融は審査もやさしく利用しやすいのが特徴です。
名前もテレビや広告でよく目にするし、みなに人気がある芸能人がコマーシャルに出演しているのでなぜか安心感すら感じてしまいます。
ですが、油断は禁物です。お金が無いときにカードローンを利用するのは決して悪いことではありませんが、継続的な利用はおすすめできません。お金が無くなったから、カードローンで借りればいいや、という思考回路ができてしまうと危険です。ATMで簡単にお金を借りることができるカードローンにはその危険があります。
金利の問題や、もし返済が滞りなくおこなえているなら良いですが、返済に遅延が発生してしまっている場合は問題があります。
そういった返済の遅延情報は、専門の情報機関に個人情報としてのこってしまうので、後のローン組立やクレジットカードを作るときの審査でも不利になってしまいます。


・必要な時にだけカードローンを使う

お金の無いときに、最終手段としてカードローンを利用した後、お金に余裕ができてもう利用する必要がなくなった人は利用を自制した方が良いでしょう。その後も使い続けるのはクセがついてしまうと危険です。
あくまでお金を借りるのは最後の手段として心に留めておきましょう。確かに最近は生活の中にカードローンを組み込む人が増えていますが、どこでその生活が破たんするのか、最近では特に先の予想が立たない時代になっていますから、その利用には慎重になるべき巣。